ノピとモザ

2017年7月からモザンビークにて、青年海外協力隊 PCインストラクターとして赴任します。思いついたままに備忘録のような形でつらつら気ままに書きます。

お祭り大好きモザンビーク人 〜もざぴ日記36〜

こんにちは、いよいよ5月に突入しましたね~

最近どんどんと新隊員の方々がモザンビークにやってきては、みんな意識高くいろんな事やっていたり、ブログも書いてたりするので、

別に自分が書かなくてもいいのかな~~とか存在意義が気になる今日この頃です。

 

 

May Dayがやってきた!

昨日はMay dayということで祝日でした。

やったー!活動やすみだー!ごろごろしょうー!読書しようー

とか考えていたのですが、二日前くらいに

「5月1日はパーティーをやるから参加費を払いなさい」

 

ということで、500円払いました。

 

日本円にしてみればたった500円って感じですね。

今自分で書いていてびっくりしました。こちらの通貨でいうと250メティカイス。

めっちゃ大金じゃん!いつも食べる昼食のシマの5倍以上かよってことで結構払うの嫌だと思ってたんですけど、改めてみると安いですね。笑

 

と、いうことでせっかくの休みなのにお祭りごとには仕事よりも気合が入っていると噂のモザンビークのお祭りに参加してみることにしました。

(最近疲れるから引きこもってるほうが好きなんですけどね・・・よくない)

 

モザンビークのMay Day

まず、いつも7時半に始まる仕事。

この日に限っては朝6時に集合して、朝8時には職場から街中まで行進していくぞ!

とか言われていたのですが、

我が家から職場まで徒歩40分。

そして大の朝起きるのが嫌い。

 

当然のごとく6時に間に合うように起きられるわけがありません。

結局寝坊して8時頃に職場につきました。

 

時間の感覚

予定通りだともうみんな行進を始めて街中についている頃かな・・・とか思っていたら

ようやく同僚も集まりだしたころで8:30頃に行進いくぞ!ってなったわけです。

f:id:noppiano:20180502212447j:image

 

つまり、2時間遅刻したけど時間はグッドタイミング。www

ここで時間のルーズさが役にたちました。

 

協力隊に来て、9.5割のことが協力隊経験者がカルチャーショックや困ったことでよく口にするが時間のルーズさ。

しかし、日本で私自身がかなり時間にルーズで、遊びの約束していても2時間遅れてしまう・・・なんてことはザラでした。(ご迷惑かけた方々本当にすみません)

 

もうこれは友人たちがかなり忍耐強く、恵まれた環境で生きてこられたことに感謝するしかないのです。

日本で「16時集合」といっていつも間に合わせる気満々なんです。

けどどうしても遅れてしまうんです。笑

 

そして合わせてないのに1時間遅れるときも、2時間遅れてしまうときもほぼいつも僕と同時刻くらいに現れる友人が一人いました。マジで不思議。

 

彼とは時間の感覚あうなー、と思ってとても一緒にいるのが楽だったのですが、どうやらモザンビーク人も一緒だったようです。

 

 

May Day の行進

話が脱線しましたが、8時半に行進して、小さな町なのにやたらと時間をかけまくって行進して結局職場に戻ってきたのは12時過ぎとかでした。

どんだけ行進してんだよ・・・あきたわ・・・

f:id:noppiano:20180502212755j:image

f:id:noppiano:20180502212633j:image

 

ちなみに行進といっても車に乗って行進するので、歩き疲れるとかはないんですけど、車の荷台に乗ってるから振り落とされないかひやひや。

日本みたく舗装されてるわけでもなく、道マジでぼこぼこですからね。

運動神経この世で60億番目くらいに悪いので、ほんとにめっちゃ気を付けないと振り落とされるんです、これ。実際に一人で荷台で一回倒れて恥ずかしかった・・・・笑

 

 

はしゃぎすぎてなのかなんなのかわかりませんが、緊急搬送で車の運ばれながら点滴とかなんあ応急処置されている人々がいました。

なんでそこまで見えていたかというと、まさかの彼らも車の荷台にベッドごと載せて患者を運んでいたから。

f:id:noppiano:20180502212700p:image

 

これ傷口とかから確実にバイ菌はいるでしょ。

同僚たちも目撃して爆笑していましたwwwwリシンガでも珍しい光景なのかな。

 

モザンビーク人大好きお食事タイム

職場に戻ってからは女性たちがせっせと御馳走の準備。

もちろん彼女たちも今の今まで一緒に行進していたので、今から一から作ります・・・

f:id:noppiano:20180502213001j:image

 

いつまで待たされるんだよ・・・ということで僕は友人と2時間以上電話していて、終わって、同僚と軽く飲んでたらようやくランチタイム(?)が始まったので、タイミングよかったですが、これ普通の人なら帰ってるわ。

250メティカイスが惜しかったってのもある。(ケチ)

 

ものすごい量の食事が用意され。

f:id:noppiano:20180502213045j:image

 

もちろんモザンビーク料理なので、最初ウエーとか思ったけど最近モザンビーク料理を求めている自分もいるんですよね。

ふつうにおいしく食べれちゃう。しかも素手で。

 

いつもフォークとか持ち歩いてもいいんですけど、やっぱりこちらの方々に合わせないと彼らは仲間意識を持ちにくいみたいです。

過去の日本人であいつは会話してくれない、素手でシマ(こちらの主食)を食べようとしない、など愚痴を言っている人もいました。オー怖い怖い。

 

けど素手で食べることの何が嫌って、何より①不衛生、②シマが熱すぎてつかめない、③手がギトギトになるのまじで嫌なことづくめ。

フォークを買うお金とかは浮くけどね。

 

モザンビーク人大好き ダンシングタイム

食事タイムが終わったらダンスタイムです。

本当はビールのみながらボケっとしていたかったけど、ビールは別途料金徴収ということでケチな私は同僚が飲んでいたGINをもらってほぼストレートで飲んでいました。笑

GINってやっぱすごいですね。3口くらいでいい感じに酔える。。

 

酔っちゃえばこっちのものです。

酔うと最近楽しければなんでもいいや、と思ってしまう困った性格になったので、モザンビーク人たちとひたすら踊りまくっていました。

f:id:noppiano:20180502213140j:image

 

飲む前は参加する気はサラッサラなかったので、飲みながら笑って踊ってる光景を見ていたのですが、案の定・・・・

 

「こっちへ来て、おまえもおどりなさい」

 

といわれ。

もう飲んでいたので、踊りに参加したら踊っていた太めの大きめおばちゃん4~5人に一気に囲まれ、踊りの輪の中心でやたらと巨大の胸・尻・股をぼくの足やら手に擦り付けてくるダンス?が始まりました。

 

若い子来たぜ、うぇーーーいみたいな感じで来てくれたのかな。

僕にも需要があってよかった。うん

僕の股間も触られたり結構ボディタッチが激しくて少しびっくりしましたが、結果楽しかったです。

 

そしてこのダンスに参加しまくったことで何が良かったって。

巨大おばちゃんのうちの一人が割と権力ある系の偉い人なのですが、気に入ってくれたみたいで、本日職場に来たら今までにないくらい「ショウスケショウスケ~~」と言ってきてくれます笑

 

そして「土曜日にお前の彼女を紹介してやる」といわれて。

土曜日空いてるなんて言った覚えないのにな~~ばりばり空いてるけど。

 

お祭りの翌日は・・・

そして本日は今まで以上にのんびり雰囲気の職場。

いつもより時間遅刻する人多数だし。

来ても野原で椅子並べておしゃべり大会。

いつもも仕事しないでくっちゃべっているのですが、本日いつもより8割増。

 

まじで今日誰も仕事してないwww

「今日なんでみんなおしゃべりしてるの?」と聞いたところ

「昨日ダンスたくさんしてみんな疲れているからだよ」

 

理由になってね―――wwwwwくそわらう。

日本より案外モザンビークのほうが自分にもあってたりして。