ノピとモザ

2017年7月からモザンビークにて、青年海外協力隊 PCインストラクターとして赴任します。思いついたままに備忘録のような形でつらつら気ままに書きます。

選挙に熱心なモザンビーク ~もざぴ日記43~

あでぃもいしぇー おうでぃ!

リシンガの現地語で「おはよう」って意味です。

ポルトガル語ではありません。笑

 

 

 

新たなリシンガの名物

最近、リシンガは春になってジャカランダが咲き誇っていて、とてもきれいです。

f:id:noppiano:20181001220752j:image
f:id:noppiano:20181001220717j:image

普段から気候に関してアフリカらしくない涼しい気候で好きなのですが、今の時期は1年の中で一番すごいしやすいし、ジャカランダというアフリカでいう桜ポジションのようなきれいな花が咲き誇っているので、ただ歩いているだけでとても気持ちがいいです。

 

ジャカランダはアフリカの中でも涼しい場所でしか咲かないようで、

南アフリカやオーストラリアで有名なのかな。南アフリカの首都プレトリアジャカランダの紫の花が道に沿って街路樹として咲き誇っていて、とても見ごたえがらしいです。いきたいなー

花が有名なので、春の今の時期がプレトリアが観光にうってつけの時期なのでしょう。

JICA関係者は治安が悪いため行くことはできませんが。

 

モザンビークの首都マプトや近郊の都市ナンプラにはほぼ咲いていません。

と、いうわけでジャカランダが咲き誇っているのはリシンガの誇っていい自慢ポイントということになりますね。

先日空港まで片道徒歩2時間かけて花見兼散歩をしてきました。かなり疲れました。

 

全国一斉市長選挙

さて、本題です。

モザンビークでは10月10日に全国で一斉に市長選挙が行われます。

その関係で、日本では考えられないほど政治活動で街がすごく盛り上がって?います。

普段は田舎で人の数も少ないし、平和なリシンガなのですが、

街中に人は多いし、なんか治安が悪くて嫌な感じです。

f:id:noppiano:20181001221404j:image

 

雰囲気は大学サークル勧誘

街中のいたるところに、政党のポスターが異常に張られ。

(たとえてみるなら、大学の4月ごろに張り出されるサークルの勧誘ビラのように)

かなーりはられまくっています。

f:id:noppiano:20181001221345j:image

 

おまけに選挙カーならぬ、普通のトラックの荷台に政党の支持者が大量に乗って、政党の旗をもってなんかお祭り騒ぎのように騒いでいます。

f:id:noppiano:20181001221435j:image

 

選挙で仕事もそっちのけ

会議やら旅行があったので、先週リシンガに戻ってきたのですが、

戻ってきて以来、同僚はほとんど職場にいません。

数少ない同僚も午後になるとなぜか毎日やってる会議に行ってしまって、ほぼ皆無になります。

いつも仕事のやる気のないモザンビーク人ですが、先週からまったくだめです。

 

 

ぼくも一度潜入してきました(危険)

潜入しようとしてしたわけじゃなく、同僚に会議があるから行くぞ、ってなかば無理やり連れてこられただけなのですが・・・

 

リシンガは会議をできるような大きな会議場のような場所はないので、

街の中心地にある、バスケットコート会場を謎の政治決起集会の会議場にして毎日毎日会議しています。

f:id:noppiano:20181001221534j:image
f:id:noppiano:20181001221551j:image
f:id:noppiano:20181001221516j:image

 

そんな毎日毎日何を会議してるんだよ・・・ってかんじですが。

だから活動にきても、最近孤独な感じです。

 

 

このまえ花見の時にプラプラ散歩していたら、なぞに政党の人でもない普通のただの支持者がぼくのことを勧誘してきました。

投票権ないっつの。笑

 

けど、日本では国の重要なポイントの選挙だとしても投票率は50%を少し超えるのみ。

熱狂さがまるで違います。

元から割と政治には興味ある?ほうなので、日本では同じ世代にしては珍しく?ちゃんと選挙に行ってると思うのですが、

盛り上がり方が違います。

 

街中で敵対している政党を見たら、襲い掛かるなんてこともよくあります。

実際、先日車に乗っているときに前の車が知識層に人気のある政党の車だったのですが、もう一つの貧困層に支持されている政党が襲い掛かってたり、石をぶつけようとしている現場に遭遇しました。怖い

 

治安が悪くなってきた、リシンガ

そういえば、最近アメリカのボランティア団体であるピースコーの人が強盗に襲われたらしいです。

家の場所は我が家の裏のほう。笑

めっちゃちかいやんけ!!!

 

ピースコーはJICAのように鉄格子がついている安全性が高い家ではないらしいのですが、周りの家と含めて集団強盗にあったらしいのです。

その時住人のピースコーの女性と友人の男性と女性が一人ずついたらしいのですが、なんか刀のようなもので切り付けられて、重症ではないもののケガを負ったようです。

 

今そのピースコーの人たちは首都マプトの病院にいるんだとか。

恐ろしすぎる。

しかも彼女、強盗にやられたのは二回目らしくて。家を変えたにもかかわらずやられたらしいです。帰国しちゃうのかな。

 

僕だったらトラウマすぎて帰ることになりそうです。。

安全一番。

もともと最近モザンビーク全土がちょっとやばい感じです。

首都マプトでも強盗が入ってきて日本人が足を銃で撃たれて、頭を鈍器で殴られてテレビやお金を取られたみたいですし。

リシンガも夜は刀での殺人事件がちょいちょい起こっているので、気を付けてはいたのですが、まさか強盗とは。

 

将来の夢の妄想を膨らます毎日

突然ですが、政治家ってどんな気持ちで働かれてるんでしょうね。

なぞに最近「民王」っていうドラマの主演菅田将暉さんの演技力に感動して、俳優と同じくらい政治家という職業もかっこよさそうだし、やりがいがありそうだなと常識はずれな妄想をしているぼくでした。

 

俳優とか政治家ってどうやったらなれるんですか笑

めっちゃなりたい!ってわけではないけど、普通に会社員として働くより毎日楽しそう。誰かの役に立ちたいな~~~なんて

 

民王見たことない方はぜひ見てください~笑

では、今回はあっさりですが、このへんで。

あて、あ ぷろっしま~